QA委員会

7月31日(Wed),

今朝の中国新聞トップは,降圧剤試薬のデータ操作の報道.

7312013中国新聞S1

次いで,オスプレイの12機が岩國陸揚げの報.

7312013中国新聞S2

甲子園には,再試合を制した瀬戸内高校が広島代表.

7312013中国新聞S3

本日,社外アドバイザーをしている会社の品質保証委員会に出席.

7292013CK工業QA委員会SM0

特に議論を深める必要がある品質問題はないようだ.
DR本部の報告資料のまとめ方に対してKT委員が発言した.
“問題対応管理表”の“処置欄”について.
“処置”と“再発防止策”を分けて記述したらどうか.

7292013CK工業QA委員会S1

指摘された当事者はなかなかイエスと言わない.
そこで,私も,その方がよいでしょうと念を押した.
そうしたら,上司が検討すると引き取った.

その他,特記事項はない.
最後に,8月の予定を29日にしたいと発表があった.
会議後,29日はATACのセミナーの日だから,欠席と伝えた.
帰宅後,23日に変更する旨のメールがあった.

スポンサーサイト

藤田譲夫写真展

7月29日(月),
“藤田譲夫と広島水力電気株式会社”写真展をみた.

7292013藤田譲夫展S2

午後,友達のBEETFAST奥田氏を訪問した.
信州高原めぐりのお土産を持って,話に行った.
写真展が始まったことが話題になった.
では今からということで広町ギャラリーに行った.

7292013藤田譲夫展S1

藤田譲夫氏は広村の初代村長だ.
明治21年~大正5年(1880-1916)の30年間村長を勤めた.
就任時,財政破綻状態だった広村を村債を整理するなどで立て直した.
明治43年に国から,“模範村”として表彰された.

その際の記念事業として明治44年に竣工した広村公会堂.

7292013藤田譲夫展S5

さて,広島水力電気㈱の発電所は明治33年に発・送電を開始.
水力発電所計画は,会社設立された明治28年に始まったことになる.
相当な難工事だったし,資金調達問題などがあり5年の歳月を要した.
明治33年,ぺルトン水車発電機1号機が750KWを発電.
広島市までの“11KVの高圧遠距離”送電が日本初だったとのこと.

7302013藤田譲夫展S6
7302013藤田譲夫展水力発電所S7

現在でも中国電力の発電所として発電している.

7302013藤田譲夫展現水力発電所S8

水力発電の切っ掛けは,品川弥二郎のアドバイスだそうだ.
品川は明治初期の英国・独国への留学で西欧文明に通じていた.
藤田村長が伊藤博文首相と品川弥二郎を二級滝に案内した.
品川はその景観を愛で,この落差を水力発電への利用を薦めた.

二級滝・発電所の訪問客をもてなす観瀑亭のことなど.
広村~郷原道路,江戸時代の殿様道路などのこと.
二級滝と二級峡ダムと木樋導水路のこと.
廣島水力電気株式会社への出資者のこと等々.

広村の古文書・古地図なども多く展示されている.

7292013藤田譲夫展S3

今回の写真展の写真・図集が発行されている(¥1000).

7302013藤田譲夫展現水力発電所S10

郷土の偉人伝は子供たちに教えなくちゃいけん!

次に引用したのはFBへの投稿文です.

沖本 一宏さんが広商店街さんの写真をシェアしました。
7月30日.

昨日,行ってきました.藤田村長は明治期に広村を優良村に改革した偉人ですね.
その記念事業として,広公会堂の建設もされたそうです.
案内にあるが, 水力発電の会社を起業した5年後に,1899年には,広水力発電所から広島に送・売電を開始したそうです.
 
藤田村長の話を私達が子供時代に教えてくれた人はいなかった.
郷土史や郷土の偉人伝などは小学校時代に教えるべきだよね.

*広郷土史研究会のメンバーが今年,広小,広中で講義したそうです.
 郷土史研究会の皆さんありがとう.

当企画展の関係者の皆様,ありがとうございます.

広町ギャラリーはいままで何度か探したが気付かなかった.
広町ギャラリーの外装を少し手直ししたらどうかな~.

白根山・善光寺参り

7月26日(Fri)

宿を出てすぐに白根山のパーキング着.
白根山・湯釜を見るために標高差200mを登る.

やっとこさ,登った.
途中,残してきた妻も登ってきた.
79歳のおばあさんも登ってきた.
みんな,よくがんばった.

7262013信州高原旅行白根山S5
7262013信州高原旅行白根山S4


ここまでは曇りで丁度よかった.


そして,志賀高原を下って中野市へ.
上信越自動車道を1区間走って須坂ICで国道へ.
国道を走って,長野市.
そして,善光寺.

7262013信州高原旅行善光寺S12

晴天,一転して,酷暑.
善光寺 常円坊さんが善光寺を案内してくれた.
常円坊さんの先導で戒壇めぐりもした.

7262013信州高原旅行善光寺S7
7262013信州高原旅行善光寺S8
7262013信州高原旅行善光寺SS117262013信州高原旅行善光寺SS13

常円坊にて,精進料理を戴き,昼食休憩.

7262013信州高原旅行善光寺S9

何なんだ?この器の多さ!
味はまあまあだけど.

7262013信州高原旅行善光寺S10

ちゅうーぴーツアーに引かれて善光寺参りをした.

高速道SA“姨捨山”から田毎の月の棚田を望んだ.

7262013信州高原旅行姥捨山S15

少し高速を走って安曇野市内の大王わさび農場を見学.
小石を敷き詰めて作った清流が流れるわさび田.
ここでも,酷暑の日差しが厳しかった.

7262013信州高原旅行大王わさび農園S
7262013信州高原旅行大王わさび農園SS167262013信州高原旅行大王わさび農園SS15

安曇野市内から一路奥飛騨温泉郷へ.
山岳道路をくねくねと1時間半ほど走った.

奥飛騨温泉郷に到着.
穂高荘山月に宿泊.

7262013信州高原旅行穂高荘山月S31
7262013信州高原旅行穂高荘山月夕食S2
7262013信州高原旅行穂高荘山月夕食S
7262013信州高原旅行穂高荘山月S32

このホテルの部屋が一番良かった.

美ヶ原・霧ヶ峰高原

7月25日(Thu),
雨の中,上諏訪温泉を出発.

7252013信州高原旅行浜の湯S1

美ヶ原高原は霧の中.
霧の中をツアー参加者が一緒に歩いた.
みんなと同じように鐘を鳴らした.

7252013信州高原旅行美ヶ原高原S1
7252013信州高原旅行美ヶ原高原S3
7252013信州高原旅行美ヶ原高原S2

霧ヶ峰湿原まで霧ヶ峰ビーナスラインを走る.

7252013信州高原旅行霧ヶ峰ビーナスラインS2
7252013信州高原旅行霧ヶ峰ビーナスラインS1

小1時間ほど走って国立公園八島湿原.

7252013信州高原旅行霧ヶ峰S1

湿原の中を歩いた時は雨も上がっていた.
日光キスゲが少しだけ咲いていた.

7252013信州高原旅行霧ヶ峰高山植物S2
7252013信州高原旅行霧ヶ峰高山植物S4
7252013信州高原旅行霧ヶ峰高山植物S3
7252013信州高原旅行霧ヶ峰高山植物S5

蓼科高原リゾートホテルで昼食.
レストラン“ル・プラトウー”にてフレンチ風.
この日は日中であるが生ビールを一杯.

7252013信州高原旅行蓼科高原リゾートホテル昼食S2
7252013信州高原旅行蓼科高原リゾートホテル昼食S3
7252013信州高原旅行蓼科高原リゾートホテル昼食S
7252013信州高原旅行蓼科高原SDドライバーS2


旧軽井沢商店街を散策.

7252013信州高原旅行旧軽井沢商店街S4
7252013信州高原旅行旧軽井沢商店街S5

まるで原宿あたりを歩くがごとく混んでいる.
商店街の一角に森の美術館があったが時間がない.
玄関横のモナリザのつもりがあったので一枚パチリ.

7252013信州高原旅行旧軽井沢商店街S1
7252013信州高原旅行旧軽井沢商店街S2
7252013信州高原旅行旧軽井沢商店街S3

鬼押出し園を見学.
浅間山は活火山.
現在も噴火している.

7252013信州高原旅行鬼押出し園S1
7252013信州高原旅行鬼押出し園S2
7252013信州高原旅行鬼押出し園S4
7252013信州高原旅行鬼押出し園S5

園内に鎮座する神社にお参り.
1783年の大噴火で現在の庭園の大部分が形成された.
その時の大噴火で嬬恋あたりの民家も全滅したらしい.

万座温泉に到着.
万座プリンスホテルに宿泊.

7252013信州高原旅行万座プリンスS

温泉は酸性(pH2.5程度)の乳白色硫黄泉.
私はこの乳白色のにごり湯が大好きだ.
露天風呂には,日本一高い露天風呂とある.
標高1800Mの表示がある.

7252013信州高原旅行万座プリンスS2
7252013信州高原旅行万座プリンスS3
7252013信州高原旅行万座プリンスSS47252013信州高原旅行万座プリンスSS7

今回の旅行中で一番の温泉だった.

食事は洋食・和食・ブッフェからの選択.
ブッフェ夕食を選んだ.
特筆する料理はなかったかな.

7252013信州高原旅行万座プリンスS5
7252013信州高原旅行万座プリンスS6

部屋が狭く,不満だ.
ビジネスホテルのツイン並.

天竜下り・駒ヶ岳・上諏訪温泉

7月24日(Wed),
高原めぐり2日目,
8:15AM,雨の中,ホテル阿智川を出発した.

7242013信州高原旅行ホテル阿智川S

雨中の天竜舟下り,全行程6kmだそうだ.

7242013信州高原旅行天竜川下りS1

合羽を着て,水しぶきを避けながらの川下り.

7242013信州高原旅行天竜川下りS8
7242013信州高原旅行天竜川下りSS67242013信州高原旅行天竜川下りSS7
7242013信州高原旅行天竜川下りS3
7242013信州高原旅行天竜川下りSS27242013信州高原旅行天竜川下りSS5

川下りした地点にバスが待っていた.
昼食に向かう前に,飯田市の水引美術館に寄る.

7242013信州高原旅行水引美術館S
7242013信州高原旅行水引美術館S2

祝儀袋などもその多くは手織りだそうです.
本当かな~?

7242013信州高原旅行水引美術館S6

女性館員の一人が実演を披露してくれた.
何が出来るのか分からないが,鶴が出来た.

7242013信州高原旅行水引美術館SS77242013信州高原旅行水引美術館SS3
7242013信州高原旅行水引美術館SS87242013信州高原旅行水引美術館SS9

この美術館館へは,一昨年の夏旅行で来た.
昼神温泉に1泊したあと看板を見て寄った.

駒ケ岳に向かう途中のドライブインにて昼食.
麦とろと豆腐ステーキを戴いた.
窮屈な席ごしらえだった.

午後は,駒ケ岳登山.
菅の平バスセンターからは路線バスに乗換.
狭い登山道路を路線バスにて20分程でしらべ平駅着.
しらべ平駅からはロープウエイで千畳敷.
このロープウエイはけっこう急角度で上る.

7242013信州高原旅行千畳敷S10

10分ほどで千畳敷駅着.
かなりの雨,合羽を着て傘をさす.

7242013信州高原旅行千畳敷S11
7242013信州高原旅行千畳敷S12

千畳敷カールを雨中の高山植物の道を散策.
残雪があるところまで歩いて行きワンショット.

7242013信州高原旅行千畳敷S13
7242013信州高原旅行千畳敷S20

写真撮って直ぐに引返した.
千畳敷駅の近くの駒ケ岳神社にお参りした.
その辺りで,2-3種の高山植物をカメラに収めた.

7242013信州高原旅行千畳敷S15
7242013信州高原旅行千畳敷S16
7242013信州高原旅行千畳敷S14
7242013信州高原旅行千畳敷S18

何枚かのスナップを撮ったあとは.レストランでお茶休憩.
甘酒を飲んだ.
おいし~い.

7242013信州高原旅行千畳敷SS177242013信州高原旅行千畳敷SS19

駒ケ岳からは駒ケ根市側に下りて中央自動車道.
諏訪ICで高速を下りて,上諏訪温泉へ.
上諏訪温泉は“浜の湯”に宿泊.
“浜の湯”は諏訪湖に面していない.

7242013信州高原旅行上諏訪温泉S20
7242013浜の湯内湯S1
7242013浜の湯露天S

温泉は大きな浴場で露天も2つあった.
泉質は無色透明の弱アルカリ泉(pH7.9?).

食事は釜飯会席料理だった.

7242013信州高原旅行上諏訪温泉S21
7242013信州高原旅行上諏訪温泉SS237242013信州高原旅行上諏訪温泉SS22

ビールと純米酒を戴いた.

信州高原巡り

7月23日(Tue),

7:20過ぎに小谷SAに到着.
小谷SAから,ツアーバスに乗る.
7:30-40の約束に対し,7:30にバス着.

プレミアムバスで行く“信州高原めぐり5日間”へ出発.
定員24人に対し,17人の参加者.

7232013信州高原旅行S2
7232013信州高原旅行バス車内S21

福山SA休憩→三木SA.
三木SAにて各自,昼食をとる.
私達は,冷麺とそばを戴いた.
12:00には昼食を終えて出発.

琵琶湖畔を北上するが琵琶湖は見えない.
野洲市の三上山を通過する際,俵籐太伝説を聞いた.

7232013信州高原旅行三上山S8

俵籐太(藤原秀郷)の百足退治の話.
 娘は龍神一族が三上山の百足に苦しめられていると
訴え,藤太を見込んで百足退治を懇願した.

藤太は快諾し,剣と弓矢を携えて三上山に臨むと,山を
7巻き半する大百足が現れた.
藤太は矢を射たが大百足には通じない.最後の1本の矢
に唾をつけ,八幡神に祈念して射るとようやく大百足を
退治することができた.

藤太は龍神の娘からお礼として,米の尽きることのない
俵などの宝物を贈られた.
また,龍神の助けで平将門の弱点を見破り,討ち取るこ
とができたという.

多賀SAでトイレ休憩後,2時間走って馬篭着.
中山道・木曽馬篭宿を散策する.

7232013信州高原旅行S10

ご当地出身の島崎藤村記念館を見学.

7232013信州高原旅行藤村記念館S11
7232013信州高原旅行藤村記念館S12
7232013信州高原旅行藤村記念館S14
7232013信州高原旅行藤村記念館SS157232013信州高原旅行藤村記念館SS16
7232013信州高原旅行藤村記念館SS137232013信州高原旅行藤村記念館SS22

坂の途中のお店で五平餅を焼いてもらった.

7232013信州高原旅行馬篭宿S17
7232013信州高原旅行五平餅S18

17:30,昼神温泉に到着.
ホテル阿智川に宿泊する.

7232013信州高原旅行昼神温泉ホテル阿智川S21

温泉はpH9.74 の単純硫黄アルカリ泉.
ツルツルするアルカリ泉の特徴.
お肌もツルツルになる.

7232013信州高原旅行昼神温泉S25

一風呂浴びて,夕食会場へ.

7232013信州高原旅行昼神温泉S20
7232013信州高原旅行昼神温泉S19
7232013信州高原旅行昼神温泉ホテル阿智川SS267232013信州高原旅行昼神温泉ホテル阿智川SS27

温泉に入ってお休み.

神楽スペシャル

7月21日(Sun),

11時前に家を出て,上野学園ホールへ向かう.
12時開演の“神楽スペシャル10周年記念大会”の観劇だ.
道路は空いていたが,開演10分前にホール前に到着.

7212013神楽スペシャルSS17212013神楽スペシャルSS3
7212013神楽スペシャルS2

妻を降ろして,駐車場を探した.
幸いに,割合近いところのコインパークに停められた.

7212013神楽スペシャルS4

第1演目が少し前に始まったところだった.

7212013神楽スペシャル胴の口S6
7212013神楽スペシャル胴の口SS137212013神楽スペシャル胴の口SS14

第2演目は,滝夜叉姫(琴庄神楽団).

7212013神楽スペシャル滝夜叉姫S7
7212013神楽スペシャル滝夜叉姫SS157212013神楽スペシャル滝夜叉姫SS16

第3演目は,日本武尊(安芸高田市の吉田高校神楽部).
高校生にしては,なかなかだぞ~.
若くして伝統芸能に馴染むってことはいいことだ.

7212013神楽スペシャル日本武尊S8

本日のプログラム.

7212013神楽スペシャルS5

紅葉狩.

7212013神楽スペシャル紅葉狩S9

土蜘蛛

7212013神楽スペシャル土蜘蛛S10
7212013神楽スペシャル土蜘蛛SS197212013神楽スペシャル土蜘蛛SS20

悪狐伝

7212013神楽スペシャル悪狐伝S11
7212013神楽スペシャル悪狐伝SS217212013神楽スペシャル悪狐伝SS22


二所の朝廷

7212013神楽スペシャル二所の朝廷S12
7212013神楽スペシャル二所の朝廷SS237212013神楽スペシャル二所の朝廷SS25

大江山.

7212013神楽スペシャル大江山S27
7212013神楽スペシャル大江山SS257212013神楽スペシャル大江山SS26

そして,幕.

7212013神楽スペシャルSS287212013神楽スペシャルSS29

よかった.

広島空港

7月14日(日),
よい天気のFV.

7142013FVS.jpg

朝食には,法蓮草,ヨーグルト,ゴーヤジュース.

7142013BFS.jpg

午後,東京から帰ってくる妻を迎えに広島空港へ.
到着まで時間があるから,送迎デッキに上がる.
10分ほど待って,JALの機影が滑走路東側に現れた.

7142013広島空港S2
7142013広島空港SS37142013広島空港SS4

3連休だが,中日ということだろう,乗客は多くない.

7142013京子SS27142013京子SS3
7142013京子S1

車はすぐそこだ.

7142013広島空港S6

さあ,帰ろう.

7月13日(金),
今朝のFV.

7132013FVS.jpg

非正規労働者が増えている等の総務省調査結果がトップ.

7132013中国新聞S2

甲子園を見据えて,県予選が始まった.

7132013中国新聞S3

今回から解禁になった,参議員選挙におけるネット活用状況.

7132013中国新聞S1

お昼は夏の定番:そーめんで昼食.
本日の麺は島原の手延べそーめん.
飲み物も熊本からのゴーヤジュース.

7132013昼食S1

夕立がきた.
上がったので,ベランダでビールを飲んだ.
夕立がやんだら,飲んだだけ汗が吹きでるような暑い夕方.

7132013夕方入道雲FVS
7132013ベランダビールS1

夜,賀茂泉の常温で独酌.

7132013夕食S3
7132013夕食S2

本日も無事.

三校合同例会

7月11日(Thu),

厚生年金基金の解散が続いていることが中国新聞トップ.
34基金のうち5基金が解散したという.

7112013中国新聞S1

ラニーニャの影響で,高気圧が2階建てになっている.
太平洋高気圧とチベット高気圧が丁度日本列島の上で重なる.
2階建てになると,その影響で猛暑になるらしい.

7112013中国新聞S3

昨日伝えられたHONDAの寄居新工場のことも大きく伝えられた.

7112013中国新聞S2

午後,広島でNPO法人ATACひろしまの理事会.
今25年度から,理事長から頼まれて理事になった.
今年度の事業計画の概要とポイントを共有するためだ.
理事長に要請して開催されたもの.

IMG_3122.jpg

夜は,三校合同例会という同窓会.
三津田高校,宮原高校,広高校の各実業会が一堂に.
呉の“すぎや”で開催された.

第一部は講演会.
講師は大之木グループ代表の大之木英雄氏(1922生).
演題は学徒動員&戦後の経済復興期における財界活動.

7112013実業会大之木氏講演S10

そして,第二部の宴会.

7112013実業会S1
7112013実業会SS37112013実業会SS2

利き酒大会に出場したが我が校チームは惨敗.
リードして,みんなで答え合わせをすべきだった.

7112013実業会S6
7112013実業会SS47112013実業会SS5

最後に,各校が壇上で校歌斉唱してエール交換をした.
まずは,我が広高実業会.
呉市長がエールを送る.

7112013実業会S7

次いで,宮原実業界,そして実業三津田会の順.

7112013実業会宮原S8
7112013実業会三津田S9

ともあれ楽しく,日本酒を戴いた.
千福(呉),雨後の月(仁方),華鳩(音戸)の3種.
130人くらいのOB達が集った.

妻は東京

7月10日(Wed),
今朝のFV.

7102013FVS.jpg

妻を送って広島空港へ.
この時期のこの時間帯の空港は空いている.
孫におみやげの川通り餅を少しだけ買った.

7102013広島空港S3
7102013広島空港S1
7102013広島空港SS87102013広島空港SS9
7102013広島空港S2

屋上展望フロアーから妻を見送る.

7102013広島空港S5
7102013広島空港SS77102013広島空港SS6

今日から少しの間だが,寂しい.

“ノウゼンカズラ”の満開のようすがあちこちで見られる.
中国原産で平安時代から咲いていると言うことだ.

7102013花S

HONDAが寄居工場の操業開始をTVニュースが伝えた.

7102013HM寄居工場S2
7102013HM寄居工場S

23年ぶりの新工場らしい.

原発再稼働申請

7月9日(Tue),
梅雨明けして見通しが利くようになったな~.

7092013FVS.jpg

原発再稼働申請が相次ぐと伝える.
東電も柏崎刈羽原発を申請する計画だったが,泉田知事から反発を喰らった.

7092013中国新聞S1

中電は申請したいが地元の意向とどう折り合うか慎重に検討中.

7092013中国新聞S2

貧打のカープに助っ人キラの一軍昇格.
今日から試合に出る予定とか・・・

7092013中国新聞S3

平年より13日も早く梅雨明けだ.

7092013中国新聞S4

くれ産業振興センター事務局長のSK氏にリーフレット設置のお願いに行く.

7012013ATAC共催お願S5

快く引き受けて貰った.


本日の三食.

7092013朝食S
7092013昼食S
7092013夕食S

ビールで軽~く晩酌.

SF空港AsianaAL事故

7月8日(Mon),
今朝のFV.
梅雨明け宣言があった.

7082013FVS.jpg

改憲論争が盛んなり.

7082013中国新聞S1

SF空港でアシアナ航空機(B777)が着陸失敗事故(7/6現地時間),
不幸中の幸いなことに,死者が2人だけだった.
勿論,お二人は気の毒だが・・・

7082013中国新聞S3
7082013中国新聞S2

七夕さん,パンダのフンから作った短冊にお願いを書く園児の記事.
パンダのフンから作ってみなくってもよさそうなもんだが・・・

7082013中国新聞S4


午後,東広島市鏡山にある広島テクノプラザに行く.
目的は内部監査セミナーのリーフレットをおいて貰うため.

7082013東広島テクノプラザS4
7082013東広島テクノプラザS1
7082013東広島テクノプラザS3

㈱広島テクノプラザとあるが,県が主体の第三セクター.
企画管理部長さんに頼んだところ,このラックにおいたらどうかと.
生産技術アカデミーにも紹介してくれた.

7082013東広島テクノプラザS2

このあと,井ノ口病院に黒瀬の近所のMSさん見舞に行った.
黒瀬郵便局の近くで衝突事故起こしたそうだ.

7082013井ノ口病院S

もう2か月も前のことだそうだ.

七夕サンディ

7月7日(Sun),
今朝のFV.

7072013FVS.jpg

中国新聞トップ:イージス艦2隻の新設を検討.
これは,必要だな.
2隻だけでは十分でない.
日本はもっと海軍力を増強しなきゃならない.

7072013中国新聞S1

元CIA職員のスノーデンさん,ベネズエラが亡命受入れを表明.

7072013中国新聞S3

エジプトもクーデターで多数の死者が出る事態.
それにしても,1年前に選挙で選ばれた大統領を拘束しちゃった.
軍部が単に軍で消費するだけでなく,GNPの3割以上の産出もするという.

7072013中国新聞S2

ところで,本日の食事.

7072013BFS_20130710000734.jpg
7072013夕食S2
7072013夕食真鯛SS7072013夕食小鰯SS
7072013晩酌S

瀬戸内の小鰯と真鯛(養殖)で,“雨後の月”常温.
美味しかったでよ~.

妻が帰る

7月6日(Sat),
今朝のFV.
曇っているが,中島が見える.

7062013FVS.jpg

選挙戦序盤,安倍政権に順風が,各野党には逆風かと伝える.

7062013中国新聞S1

東京電力は何を行動規範にしているのか?理解不能だ.
国民100%が泉田新潟県知事を支持したのではないか?

7062013中国新聞S2

東京から帰って来た妻を迎えに広島空港へ.
時間があったから,屋上でJAL1607便の到着を待った.

7062013JAL1607S1.jpg
7062013JAL1607SS2.jpg7062013JAL1607SS3.jpg

乗客が少ないのか妻が到着ロビーにすぐに現れた.

7062013広島空港S
7062013広島空港SS27062013広島空港SS3

到着後,お好み焼き広場で“五右衛門”のスペシャルを食べた.

7062013広島空港S4

帰途,空港から安浦に回って,母に会いに行った.

セミナーちらし

7月5日(Fri),
昨夜までの雷雨はあがった.

朝刊は昨日始まった参院選挙の話題で飾られている.

7052013中国新聞S1
7052013中国新聞S2

さて,先週発注した内部監査セミナーのリーフレットの印刷ができた.
一昨日,ATAC事務所へ届いたとの知らせがあった.
理事長との打合せもあるから,本日,受け取りに行った.

7052013セミナーRFS

最初に,広島市産業振興センターに設置のお願い.
こちらは,共催者でもあり,150部を渡した.
窓口KB氏から8月開催文書の提出要請があった.

7052013広島市産振興S

次いで,近くにあるひろしま産業振興機構に設置をして貰った.
総務企画Grの人が入口の配布チラシのラックにおいてくれた.
この公益財団法人は広島県の外郭団体である.

7052013広島県産振興機構S2
7052013広島県産振興機構S

最後に,広島商工会議所の経営支援チームの担当者にあった.
その経営支援チームの若い女性担当者に配布を依頼した.
中小企業者のイベントでの配布・設置を約束してくれた.

7052013広島商工会議所S2
7052013広島商工会議所SM3

この後は,西部工業技術センター(くれ産業振興),
東広島市の産業総合研究所(西部工業技術センター分室),
福山市にある東部工業技術センター,などに配布する予定だ.
福山市在住のATAC会員のIZ氏にお願いしようと思う.

ATACが持つ企業リストの中から数十社にはDMを送ることも考えよう.

7月4日(Thu),
朝から豪雨で,呉線が広-三原間は止まっている.

7042013FVS.jpg

参議院議員選挙が始まるに先立っての党首討論の模様がトップ.

7042013中国新聞S1

大勢の相手の動きを読んで反応するアシモ君の記事.
また,ビッグデータが病気治療・病気予防に活用される時代だ.

7042013中国新聞S2
7042013中国新聞S3

夜,ひどい雷雨.
こんな近くで雷が ピカァ!ゴロゴロ!は久しぶり.

7042013雷S1
7042013雷S2

ちなみに,本日の食事は,

7042013BFS.jpg
7042013DinnerS.jpg

昼食は抜きだった.

竹田恒泰講演会

7月3日(Wed),

7032013FVS.jpg

中国新聞が東電の柏崎借刈羽原発再稼働申請へと伝える.
後ほど,このことが物議を呼ぶ“地元に説明もしないで”と.

7032013中国新聞S1

ホンダ&GMが燃料電池車の共同開発へと.
ホンダ陣営には頑張ってもらいたいね.

7032013中国新聞S2

夕方,加古町のアステールプラザでの講演会へ.

7032013竹田恒泰講演会S2

fbで,ひょんなことからこの講演会のことを知った.
早速,アステールプラザでの講演会にネット申し込みした.
受付で,ネット予約と言って入場券を買えとメールで案内.
¥2,000が講演料だ.

7032013竹田恒泰講演会S1

広島中小企業家同友会が主催する月例勉強会だ.
竹田恒泰氏って,そのまでいって委員会TVの出演者でないか?

7032013竹田恒泰講演会SS37032013竹田恒泰講演会SS8

演題は
「日本人はなぜ日本の事を知らないのか?」
「日本の底力とは?」
「天皇の経営論とは?」
と紹介してある.

竹田恒泰氏は,旧皇族,竹田家の生まれ.
明治天皇の玄孫に当たり,歴史学者で慶応義塾大学講師.
事前PRで,ネット予約すると抽選で著書が当たると言う.

7032013竹田恒泰講演会S4
7032013竹田恒泰講演会SS77032013竹田恒泰講演会SS6

大きな声ではっきりとした口調で聞きやすい.
内容は演題に沿ったものだった.
日本は,世界で一番長く続いている国家であると.
日本書紀によると,今年は,神武天皇建国いらい2673年だ.
デンマークが1100年,英国が950年だから,日本はダントツの1位とのこと.

7032013竹田恒泰講演会S9

仁徳天皇陵は,480mにも及ぶ前方後円墳で,3世紀に造られた.
この御陵の規模は世界に類を見ないほど大規模だというが・・・
クフ王のピラミッドと比較してどうなんだろうか??
3世紀には,大和朝廷が全国規模の政権であった証拠だと.

“あなたはなぜ日本の事をよく知らないのか?”
云われてみれば,その通りである.
日本の建国の歴史は学んでいないし,ろくに勉強もしていない.

う~ん,古事記・日本書紀を勉強しなくっちゃ!
竹田先生の“古事記 現代語”を買わねばならない.

妻は東京へ

7月2日(Tue),
今朝のFV.

7022013FVS.jpg

この日,妻は東京へ行く.
娘が今週,横浜での仕事で夜遅くなるらしい.
ばーばが居ると娘は安心して仕事に打ち込める.
その代りに,じーじは寂しくって,忙しい.

昼前に家を出て空港へ.

7022013京子東京へS1

この時間,空港は空いている.

7022013京子東京へS2

JAL1606便は平日のこの時間だから,ガラ空き状態.

7022013広島空港S1

なーるほど,もうすぐ七夕さんだな~.

7022013広島空港S2

では,気つけて行ってきんさいや!

7022013京子東京へS3

JAL1606便は乗客も少なく,定刻5分前には扉を閉めた.

7022013JAL1606S1.jpg
7022013JAL1606S2.jpg
7022013JAL1606S3.jpg

見送った後,帰る前に,フライトシュミレーターで遊んた.

7022013広島空港S3

空港からの帰途,黒瀬の畑に寄り,カボチャの周りの草取り.
雑草が伸びたよ~.

7022013黒瀬畑S

また,来なくっちゃ.

今日から7月

7月1日(Mon),
梅雨の晴れ間で見通しがきく.

7012013FVS.jpg

中国新聞はASEANでの「行動規範」協議の合意がトップ.

7012013中国新聞S1

呉の“雨後の月”が純米酒部門で1位に選ばれたニュース.
純米吟醸部門では“東洋美人純米吟醸”が選ばた.
また,純米大吟醸部門では“十四代大吟醸 純米醸造”.
雨後の月は,東京に住んでた時から,取り寄せで飲んでいた.
もちろん今もよく飲む好きなお酒だ.

7012013中国新聞S2

呉宮原のれんが造りの配水池が保存されることになった.
この施設は,明治海軍が海軍専用水道として完成させた.
横浜,函館に続く全国3番目の近代水道施設だった.

7012013中国新聞S3

午前中,ATAC事務所にセミナー共催願文書を受け取りに.
夕方,くれ産振興センターと打合せの際,提出する.
常務理事宛の文書を用意していたが,理事長宛への変更を要請受.

7012013ATAC共催お願文SS17012013ATAC共催お願文SS2

これが,その文書.

7012013ATAC共催お願文S4

事務局長から指定された時間にくれ産業振興センターへ.
産振興せんたーでは事務局長と事務局次長とお会いした.
用意したリーフレット案を示して,打ち合わせをした.
会議室の予約,HPへの掲載,登録企業へのメール等々の打合せ.

7012013ATAC共催お願SS57012013ATAC共催お願SS3

この施設に1つだけある研修室も見せて貰った.
大きすぎる会議室だ.プロジェクターもOK.
ただし,OHPプロジェクターはない.
何処か借用できるところはないかな~.

7012013ATAC共催お願S6

産振興のパンフなどを貰って,打合せは完了.

プロフィール

Kazusan

Author:Kazusan
2008年末,故郷呉に50年ぶりに,Uターン.
高専教員を退任.NPO法人ATACひろしまに参加.
時々,品質マネジメント関係の仕事.
余暇に,もっぱらグルメ・温泉・旅行を愉しむ.
合間に,晴耕雨読.地元活性化に関心を持つ高齢者.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード